カチョカバロは焼きチーズの王様!焼き方は?焼くだけで主役級・簡単お洒落おつまみ♪

とにかくおいしい、焼きチーズ

 

チーズ好きな方は多いと思いますが、「焼くチーズ」はご存じですか?

 

ただ焼くだけ!なのに、がっつり主役級の存在感。最初食べた時の感動は忘れられません。

 

おかずにも、おつまみにも、超優秀な1品。

 

今日はそんな焼きチーズに最適な「カチョカバロチーズ」のお話。

スポンサーリンク

 

 

焼きチーズの王様!カチョカバロチーズとは?

http://store.shopping.yahoo.co.jp/tonxton-market/ttmy1011004.html

 

カチョカヴァッロチーズ、と呼ばれることも。

 

イタリアのチーズの一種で、「カチョ」は「チーズ」を、「カバロ」は「馬」を指しています。

 

熟成させるためにチーズを紐でくくってぶらさげる様子が馬の鞍に荷物を下げている様子に似ていたためこの名前が付けられたそうです。

(※物知りのイタリア人友人談。)

 

ひょうたん型のチーズなので、はじめ見た時は面白い形だなぁと感じましたw

 

 

 

一度見たら忘れられない形のこのチーズは、チーズ専門店やセレクトショップで主に販売されています。

 

ぜひぜひ探してみてくださいね!

スポンサーリンク

 

 

 

焼きチーズの王様!カチョカバロチーズの美味しい焼き方と注意点

カチョカバロチーズのオススメの食べ方は、ただ焼く!

焼いて焼きチーズにする!

ことなのですが、美味しく焼くにはちょっとだけ、コツが必要です。

 

そのコツを下にまとめます

 

●チーズを1~1.5センチの厚さにカット

 

●小麦粉をチーズの両面にうすーく付ける

 

●オリーブオイルをフライパンにひき、十分あたたまってから焼く

 

●両面がカリカリになったら完成!(カリカリ部分が本当に美味しいんです!)

 

以上です。

なんだ、焼くだけじゃん。と思われたかもしれません。

 

ただ、注意してほしい点が3点

 

●1センチ以上の厚さで切ること

 

●小麦粉を必ず両面に薄くまぶすこと

 

●絶対に焼きすぎないこと

 

この3点を忘れると、なんとチーズが溶けて蒸発してなくなってしまうことも!!

 

買った当初は何もわからず焼いたので、せっかく買ったチーズが蒸発してなくなった悲しい思い出が私にはありますw

 

皆さんにはそんな思いをしてほしくないので、絶対に絶対に気を付けてくださいね!

 

これさえ守れば、主役級おかず、そしてパーフェクトおつまみの完成です♡

 

実家でこのチーズが食卓に出てきたときには一斉に争奪戦になるほど人気のこのメニュー。

 

本当にお手軽なのにお洒落感が出るうえ、最高に美味しいなんて嬉しいですよね♡

 

これほど簡単で周囲に喜ばれるおつまみはほかには思いつきません。

 

私はお店で見かけるたびに必ず買うようにしています。いつでも食べたい!w

 

チーズ好きの皆さんはぜひトライ!

特別な日のご馳走にも、心の底からおすすめです。

 

ちなみに私がいつも気にいって買っているのはコレ!

 

 

コクがあって、本当に美味しいんです♡

 

最初から小さくて食べやすい一口サイズもあります♪

 

 

シーンやお好みに合わせて、お気に入りのカチョカバロチーズを見つけてください♡

 

それではまた^^*
 

スポンサーリンク

スポンサーリンク
 

ぽち♡応援してくれると喜びます♡

  ブログランキング・にほんブログ村へ  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)