話題のTV情報・NEWS

キャラメルボックス活動休止理由はなぜ?原因は加藤息子でヤバい!

キャラメルボックス活動休止理由はなぜ?原因は加藤息子でヤバい!

キャラメルボックス活動休止理由はなぜ?原因は加藤息子でヤバい!人気劇団で知られるキャラメルボックスが突如の活動休止宣言!なぜ休止なのか活動休止理由が気になる!原因は加藤息子?加藤社長のツイッターが削除されていた!?キャラメルボックスの活動休止理由と原因を徹底的に調査しました!

キャラメルボックス活動休止報道の概要

演劇集団「キャラメルボックス」が、2019年5月31日(金)をもって活動を休止することを発表した。公式HPおよび公式Twitterには、代表である成井豊の声明文を掲載。

なお、今後については「各劇団員はそれぞれの場で芝居作りを継続してまいります。勝手なお願いで恐縮ですが、今後も温かく見守っていただけましたら幸いです」とし、次回公演として予定されていた『エンジェルボール』続編については「延期させていただきます」と明記している。
キャラメルボックスは、1985年に早稲田大学の学生演劇サークル・劇団てあとろ50’出身の成井、加藤昌史、真柴あずきらを中心に1985年に結成。過去には、上川隆也、近江谷太郎らが所属していた。直近では、5月26日(日)まで『ナツヤスミ語辞典』を上演していた。

 

キャラメルボックスは1985年に現代表の成井豊とキャラメルボックス現社長である加藤昌史らが結成した劇団です。

1991年には、キャラメルボックスの運営会社として株式会社ネビュラプロジェクトを設立し、社長に加藤が就任しました。

キャラメルボックスが有名になったきっかけは、当時劇団員の上川隆也がNHKドラマ『大地の子』に出演したことで、一気に観客動員数がのびました。

2015年には、劇団結成30周年を迎えた。DMM.comにて公演映像の配信サービスを開始しており、人気の劇団でした。

そんなキャラメルボックスの突如の活動休止宣言に驚きを隠せません。

元々予定していた公園も急遽延期ですから、もともと活動を休止しようと思っていたわけではなく、急遽決定されたことだとわかります。

あくまで「解散ではなく、休止」とキャラメルボックスの成井豊さんがコメントされていますが、なぜ急にキャラメルボックスは活動休止宣言をされたのでしょうか?

キャラメルボックス活動休止理由はなぜ?

キャラメルボックスより活動休止についてコメント全文は以下のとおりです。

お知らせとお詫び
キャラメルボックスの活動の休止について
突然のお知らせで申し訳ありません。
この度、私達、演劇集団キャラメルボックスは、諸事情により、
2019年5月31日をもって、劇団の活動を休止いたします。
次回公演に予定しておりました『エンジェルボール』
続編の上演は延期させていただきます。
キャラメルボックス・サポーターズ・クラブを始め、
キャラメルボックスの公演を楽しみにしてくださっていた皆様に深くお詫び申し上げます。
劇団としての活動は休止しますが、
各劇団員はそれぞれの場で芝居作りを継続してまいります。
勝手なお願いで恐縮ですが、
今後も温かく見守っていただけましたら幸いです。

2019年5月31日 キャラメルボックス代表・成井豊

 

現在では、なぜキャラメルボックスが活動休止したのかという、具体的な活動休止理由は判明していません。

ただ、インターネット上の反応をみると、「内紛状態だった!?」というのが原因と考えている人が多そうです。

また、他にも採算が取れなかったため、継続できなったという意見もありました。

そして、最大の疑問がひとつ。

今回、キャラメルボックスの活動休止の発表は現代表の成井豊さんが行いましたが、本来は加藤昌史さんが行うべきはずのものです。

さらに、加藤昌史さんのツイッターアカウントはなぜか5月31日には凍結され、観覧ができない状態にあったという点が不可解と言われています。

内紛状態で何らかのトラブルがあったのではないかと噂されている一つの要因です。

キャラメルボックス活動休止の原因は加藤息子?

ただ、実はキャラメルボックスの活動休止には、加藤昌史さんの息子が原因なのではないかと言われてもいます。

加藤昌史さんの息子さんが先月脳腫瘍で亡くなっているんです。

最愛の息子を亡くした辛さでリーダーシップを発揮できず、今回「活動休止」というやむおえない判断を下したのかもしれません。

もちろん、どれも個人的な推測でしかありませんが、加藤さんの息子さんの悲しい事実とツッターの凍結がその信憑性を高めています。

キャラメルボックス活動休止理由・原因 まとめ

さらに、6月1日には、成井豊さんから追加コメントも。

昨夜の記事に対するアクセスがあまりにも膨大な数で驚きました。
キャラメルボックスの活動休止について、これほどたくさんの方が関心を示すと思っていなかったのです。
昨夜から今朝にかけて、自宅に新聞社・通信社の方々からの取材の電話までかかってきました。
お騒がして申し訳ありません。
キャラメルボックスの公演を楽しみにしていた方々に残念な思いをさせてしまって、深く反省しています。
今はただ、いつか必ず再開します、と言うしかありません。
また、私を含め、劇団員たちはそれぞれ個別で芝居作りを続けていきます。
私自身、すぐに次の公演があります。
それはもちろんキャラメルボックスの芝居ではありませんが、キャラメルボックスのスピリットは常に胸にあり続けます。
応援よろしくお願いします。

キャラメルボックスは多くの人から愛されている劇団だったということがよく分かりますね。

成井豊さんも必ず再開するといっているので、その言葉を信じましょう!

以上、『キャラメルボックス活動休止理由はなぜ?原因は加藤息子でヤバい!』の記事を紹介させていただきました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。