話題のTV情報・NEWS

貯水槽タンク泳ぐ男はゆうき!動画や顔画像インスタ特定!逮捕で罰金1千万!?

貯水槽タンク泳ぐ男はゆうき!動画や顔画像インスタ特定!逮捕で罰金1千万!?

貯水槽タンク泳ぐ男はゆうき!動画や顔画像インスタ特定!逮捕罰金は1千万!?マンションの貯水槽(タンク)で遊泳している動画がアップされ大炎上!貯水槽タンクで泳ぐ男犯人の中江はゆうきで顔画像やインスタ特定!?動画は?逮捕されて罰金は1千万円!?貯水槽泳ぐ男ゆうきを徹底暴露!

貯水槽タンク泳ぐ動画で大炎上!

▼貯水槽タンクの中で泳いでいる動画はこちら▼

「貯水槽の中で泳いでま~す」とかふざけた動画を撮影している男と、実際に遊泳して「めっちゃ気持ちいい」と語っている男がいますね。

貯槽槽タンクは飲み水として使われるもので、近くに住み人たちが実際に使っています。

この貯水槽タンクに知らない男の人が不衛生な状態で入っているわけですから、下手したらこの水を飲んだ人は病気にかかってしまうかもしれません。

それに病気云々の前に清潔感がなくて料理や飲料水として使いたくないですよね。

人のことを考えないで自分の承認欲求を満たすためだけに動画を挙げた本当にふざけた奴らです。

貯水槽タンク泳ぐ男の犯人は設備屋ゆうきで特定

貯水槽タンクを泳ぐ男の犯人はTikTokで特定されています。

名前は設備屋「ゆうき」です。

貯水槽タンク泳ぐ男はゆうき!動画や顔画像インスタ特定!逮捕で罰金1千万!?

貯水槽タンク泳ぐ男ゆうきの顔画像とインスタ

インスタは特定できていませんが、顔画像は動画から判明しています

インスタは特定できていませんが、TikTokのIDは『30270236961』と特定されています。

貯水槽タンクの場所は福岡?

場所は福岡の糸島だと特定されました。

近くに住む方々にどれだけ迷惑をかけたかわかっているのでしょうか?

証拠を消していないところをみるとどれだけヤバイことをしたのかこの二人は分かっていないのでしょうね。

貯水槽タンク泳ぎ逮捕!清掃・賠償金は1,000万!?

貯水槽タンク泳ぐことで、多くの方々に迷惑をかけます。この市区町村は住民から信頼を損ないましたし、水の入れ替えや水道管の清掃、慰謝料なども必要になります。

もちろん犯人であるゆうきに請求されますが、信頼失墜したものをたてなおすのは多くの労力がかかります。

本当に反省してほしいですね。


過去、少年4人が貯水槽タンクに入った事件では、対策に1千万円も使っています。

 

4人は県内の同じ中学を卒業した遊び仲間といい、県警は、4人がこの施設に繰り返し侵入した疑いがあるとみて調べている。

関係者によると、現場は少年らの「秘密の遊び場」になっていたという。少年らが見晴らしのよさを気に入って侵入し、キャンプをしたり、軽い気持ちで貯水槽の中に入ったりして遊んでいたらしい。

■テロ対策のマニュアルも

市は事件後、「テロによる水道水汚染事案にも繋がる重大な事態」として、昨年8月、発生時の通報や連絡手順、水道の緊急停止措置などを盛り込んだ「水道施設侵入事案等対応マニュアル」を作成するなど、防犯強化策に追われた。

対策には約1200万円を投入。市内47カ所の配水池と、浄水場から配水池に水を送るための加圧所29カ所全てに防犯カメラの設置を進めている。

少年らに破壊された点検口の南京錠は、真鍮(しんちゅう)製から、より固く切断しにくいステンレス製に交換した。ふたを留めるボルトも専用の道具がないと開かない特殊な形状に取り換えた。

さらに、約20カ所の配水池には防犯灯を設置したり草刈りしたりし、「秘密の遊び場」にならないよう目立たせた。警備会社の防犯システムも導入した。

しかし、地元住民からは、少年らが逮捕された今もなお「まだ不安だ」といった声が寄せられているという。少年の逮捕を受け、市上下水道局の松浦利彦施設部長は「対策をするだけで終わらせず、二度と問題が起こらないよう、気を引き締めていきたい」と話した。

配水池は、高さ約2メートルのフェンスで囲われている。浄水場からの水道水を一時的にため、周辺約400世帯に供給していた。貯水槽の点検口は60センチ四方で、ゴムボートはそのままでは入らない。内部でふくらませたとみられる。

フェンスは工具のようなもので切断され、点検口は南京錠で施錠されていたが、破壊されていた。

配水池の内部には貯水槽(縦4メートル、横7メートル、深さ約4メートル)が2つある。このうちの1つに侵入の痕跡があったのだ。

市によると、内部は照明はなく、真っ暗。遊ぼうにも何も見えず、何ら楽しくはないはずだ。市の担当者は立地について「大阪平野が一望できるほど見晴らしがいい」と話す。眺望は最高だが、当然、貯水槽の中に入っては何も見えない。

市は昨年6月、兵庫県警宝塚署に被害届を提出した。

■侵入者は同じ中学出身の少年4人

市はゴムボートの発見後、すぐに貯水槽の水質検査を実施。残留塩素の濃度に問題はなく、殺菌されたとみられるが、内部を洗浄し、もう1つの貯水槽から給水を続けた。市は「幸いにして影響がなかった」とみている。

そして、事件発覚から1年近くたった今年5月、県警少年捜査課と宝塚署は、水道汚染と建造物侵入容疑で、同県伊丹市や宝塚市などの16~17歳の少年4人を逮捕した。

逮捕容疑は、事件の発覚からさらに1年近く前の平成24年7~8月、月見ガ丘配水池に侵入し、貯水槽にゴムボートを浮かべた上、泳ぐなどし、水道水を汚したとしている。

4人は県内の同じ中学を卒業した遊び仲間といい、県警は、4人がこの施設に繰り返し侵入した疑いがあるとみて調べている。

関係者によると、現場は少年らの「秘密の遊び場」になっていたという。少年らが見晴らしのよさを気に入って侵入し、キャンプをしたり、軽い気持ちで貯水槽の中に入ったりして遊んでいたらしい。

■テロ対策のマニュアルも

市は事件後、「テロによる水道水汚染事案にも繋がる重大な事態」として、昨年8月、発生時の通報や連絡手順、水道の緊急停止措置などを盛り込んだ「水道施設侵入事案等対応マニュアル」を作成するなど、防犯強化策に追われた。

対策には約1200万円を投入。市内47カ所の配水池と、浄水場から配水池に水を送るための加圧所29カ所全てに防犯カメラの設置を進めている。

少年らに破壊された点検口の南京錠は、真鍮(しんちゅう)製から、より固く切断しにくいステンレス製に交換した。ふたを留めるボルトも専用の道具がないと開かない特殊な形状に取り換えた。

さらに、約20カ所の配水池には防犯灯を設置したり草刈りしたりし、「秘密の遊び場」にならないよう目立たせた。警備会社の防犯システムも導入した。

しかし、地元住民からは、少年らが逮捕された今もなお「まだ不安だ」といった声が寄せられているという。少年の逮捕を受け、市上下水道局の松浦利彦施設部長は「対策をするだけで終わらせず、二度と問題が起こらないよう、気を引き締めていきたい」と話した。