話題のTV情報・NEWS

堀口一史座が病気で入室動画がヤバい!?奇行の理由はなぜで心配の声多数!


堀口一史座が病気で入室動画がヤバい!?奇行の理由はなぜで心配の声多数!2019年7月2日に将棋第78期名人戦順位戦で藤井壮太七段VS堀口一史座七段の対局が行われました。堀口一史座の入室動画が話題になっています。入室時の奇行の理由は病気や体調なの?今回の奇行はなぜ?堀口一史座を徹底調査!

堀口一史座の入室動画が話題

堀口一史座の入室動画がコチラになります。

藤井壮太七段を除く周りの人たちが戸惑っているのが分かります。

この入室が話題となり日刊スポーツでは『人為的ハプニング』として以下のように報道されました。

将棋の第78期名人戦順位戦C級1組2回戦、藤井聡太七段(16)と堀口一史座(かずしざ)七段(44)戦が2日、関西将棋会館で行われた。

堀口が対局室の「水無瀬の間」に現れたのは対局開始予定時刻10時の直前となる午前9時57分。コンビニエンスストアの大きな紙袋にペットボトル、お菓子などを大量に入れ、現れた。堀口は対局室に入って来ると、両手を広げ、アクションスターさながらのポーズを決め、さらに畳の上にわざと転げた。人為的な“ハプニング”の発生に藤井は厳しい表情を見せた。

両者が駒を並べ終えると、記録係が「対局時間が過ぎていますので、始めてください」と伝えた。

先手の藤井はいつものようにルーティンのお茶を飲むことができずに、飛車先の歩を突いた。堀口は飛車先の歩を突き返した。

両者は初顔合わせ。藤井は順位戦C級1組の開幕戦で村田顕弘六段(32)を破り、白星発進している。

各10局を戦う順位戦C級1組は今期38人が参加し、上位2人がB級2組へ昇格する。名人挑戦者を決める順位戦は最上位のA級からC級2組までの5クラスに分かれ、約1年間にわたってリーグ戦を行う。A級の優勝者が名人挑戦者となり、各組上位者が上のクラスに昇級する。前期、逃したB級2組昇級の再チャレンジが始まった。

持ち時間は各6時間となる。通常なら夜遅くの決着となる。

わざとだとしたら、やりすぎな行為だと思いますが、堀口一史座七段はなぜこのような行為に臨んだのでしょうか?

堀口一史座は病気が理由で奇行?

ネット上では、堀口一史座七段は病気が原因で奇行に走ったのではないかと言われています。

調べたところ、2013年あたりで病気で欠場されていたそうです。

ただ、その後は2014年6月に復帰し公式戦にも参戦されているので、今回の奇行に戸惑うのも無理はありません。

暑い日なのに、厚着を着ているところも気になりますね。

また、2017年や2018年の対局時にも『無気力将棋』『病気』といったことが噂されていました。

真偽のほどは明らかではありませんが、ネットでは心配の声と戸惑う声があがっています。

堀口一史座は病気?入室動画に心配の声多数!

堀口一史座は病気?入室動画に心配の声多数ありましたので、ネットの声もまとめてみました。

 

 

病気であれば、きちんと療養して治していただきたいですね。