話題のTV情報・NEWS

高田純次の車事故相手はプロの当たり屋!?ヤバい示談音声を暴露!

高田純次の車事故相手はプロの当たり屋!?ヤバい示談音声を暴露!

高田純次の車事故の相手はプロの当たり屋!?交渉・示談内容まとめ!2019年4月に高田純次が車を当て逃げしたことが報道され話題沸騰中!交渉や示談の内容は?高田純次の車の衝突事故はプロの当たり屋による仕組まれた犯行?!高田純次の車当て逃げ事故の真相を徹底調査!

高田純次 車当て逃げ事故の概要

2019年4月14日にタレントの高田純次さん(72歳)が首都高速道路で交通事故を起こしていたと報道がありました。

交通事故の内容は、『当て逃げ』といわれかねないもの。

車事故の概要

車の事故は高速道路の合流地点で起きました。

高田純次さんが運転されていたポルシェが高速道路の左車線へ合流しようとしたところ、相手の車の左後部にぶつかったそうです。

しかし、高田純次さんは、ぶつかったにも関わらず、そのまま逃走。

その約15分後に、首都高速道路を降りたところで、高田純次さんは降車し事故相手と応対されました。

ぶつかったにも関わらず、そのまま逃走したという時点でやっちゃいけないことですよね。

そのあと、首都高速道路を降りたところで降車と言うわけですから、ぶつかられた相手がずっと高田純次さんの車を追ってきていたのでしょうね。

逃げ切れないと思い、降りて話し合いをしたと捉えられる報道ですね。

高田純次さんは10年間で3回の交通事故を起こしているそうです。年齢が72歳ということもあるので、つい『年齢』が原因かと思ってしまいます。

高田純次 車事故の示談・交渉内容

そして、高田純次さんが降車し、ぶつかった相手との示談・交渉内容は以下の通りだと言われています。

高田純次さんが、当初『当たっていませんよ』と否定していたそうですが、そのうち『今20万円持っています』と示談交渉をもちかけたそうです。

これに対し、事故の相手は示談内容を拒否。話し合いを継続することになるも、高田純次さん本人と連絡が取れなくなり弁護士を立てたとのこと。

これらの示談は5時間にも及んだとのこと。

事故を起こした場合、本来は警察に連絡しなければいけません。

最終的に、事故後全治2週間の怪我と診断され、最終的に示談金は100万円になったそうです。

▼高田純次さんと事故相手の示談交渉の音声データがコチラ▼

 

高田純次の車事故の相手はプロの当たり屋!?

ここまでの報道内容をみると、高田純次さんに非があるように思えるのは当然ですよね。

ただ、実はこの報道内容に多くの疑問があり、ネット上で大きな話題となりました。

▼今回の事故における不可解な点

●警察に電話しなかったこと

●保険屋に電話しなかったこと

●高額示談金(20万⇒100マン)

●コツンとぶつかっただけなのに全治2週間

●全治2週間なのに15分も追い掛け回せた

●週刊誌に録音データを売る

 

音声データは文春で報じられましたが、明らかに辻褄合わないところが多いです。

最初に私がこの報道を読んだとき、

警察や保険屋に電話しなかったことは芸能人である高田純次さんの意向であることもわかるのですが、ぶつかったのに15分追い掛け回せたということと、車ぶつかっただけで全治2週間になるの?と思いました。

実際多くの人がそのような疑問を抱かれたようです。

週刊誌に音声データを売っている点もプロっぽい気がしますしね。

高田純次さんが乗っていたのは高級車のポルシェですから、狙っていたのかもしれません。

高田純次の車事故への世間の反響

 

 

プロの当たり屋だろうと意見も多いですね。

高田純次さんを擁護するわけではありませんが、プロであろうとなかろうと、被害者が金目当てに行動した人間であることには間違いなさそうです。