話題のTV情報・NEWS

湘南対浦和、誤審の審判は誰?名前や経歴がヤバい!【動画/顔画像あり】

湘南対浦和、誤審の審判は誰?名前や経歴がヤバい!【動画/顔画像あり】

湘南対浦和の誤審の主審は誰?名前や経歴がヤバい!【動画/顔画像あり】J1リーグ第12節の浦和レッズ対湘南ベルマーレの試合でゴールの判定を巡り大誤審があり大変な話題となっています。世紀の大誤審をした主審は誰?名前やヤバイ経歴を紹介!

今回大きな話題となっている『誤審』というのが、湘南ベルマーレの杉岡選手のシュートが本来ならゴール判定をされるべきなのに、ノーゴール判定となったものです。

誰がみてもゴールになっているのに、なぜかノーゴールになったことから信じられないほどの波紋を呼んでいます。

こういうケースは、試合の勝敗や選手の成績に大きく関わるだけでなく、日本のJリーグ自体の審判レベルが疑われてしまい、いつまでたっても世界からサッカー後進国扱いされてしまうため、絶対にあってはいけない誤審なのです。

さて、今回誤審があった浦和レッズ対湘南ベルマーレの試合の主審を務めたのは一体誰なのでしょうか?

浦和対湘南 誤審の内容

浦和対湘南で起きた誤審がどのようなものだったのか?

まずは、どんな誤審のシーンをご覧ください。

▼まずは世紀の大誤審をご覧ください▼

誰がどう見ても入ってますよね(笑)

ボールはポストの内側にあたり、反対側のサイドネットを確実に揺らしています。

ゴールと判定されるには、ボールがゴールラインを完全に超えなければいけないので、サッカーの試合ではよくゴールしたかしなかったかでもめるケースがあるんです。

ただ、それは本当に際どいもので少し離れた場所から見ていた場合「しかたない」と思われるものばかり。そのような誤審を回避するためにW杯などではゴールシステムやラインズマンを増やしたり工夫が凝らされてきました。

ただ、こんなあからさまなノーゴール判定は正直見たことがない。

この試合は、最終的には2:3で湘南が勝ちました。

勝ったからいいもののこのシーン前半に浦和が2点リードしていたときに起きたシーンなので、もし湘南の点になっていれば流れがかわり勝敗結果がかわっていたかもしれません。

それだけサッカーにおいて、点数に対するゲームプランニングは大切なものです。

湘南対浦和の誤審の主審(審判)は誰?

サッカーには主審1名、副審2名(ラインズマン)、第4審判(コート外)にいるのですが、基本的には主審がコート内に直接入って、ゲーム作り上げます。

それほどサッカーの主審は大役を担っているんです。

さて、それでは今回湘南対浦和で主審を務めた方はいったい誰なのでしょうか?

今回主審を務めたのは『山本雄大』さんという方です。

山本雄大のプロフィール

◆山本雄大のプロフィール

名前:山本雄大

生年月日:1983年3月4日

出身:1983年3月4日

職業:審判(サッカー)

山本雄大の経歴

京都府立城陽高等学校時代には国体に出場。高校卒業後は自衛隊に入隊した。

自衛隊脱隊後、2007年にJFAレフェリーカレッジへ4期生として入学。同カレッジでは、通常2年目に1級昇格審査を受けるが、実力が認められ1年目での受験となり、合格した。

2009年よりJ2主審として登録され、2010年J1主審に昇格した。当時はJ1で主審を務める者の中では最年少であった(2018年現在では荒木友輔など、山本より若い主審が複数存在する)。

2011年1月より国際サッカー連盟 (FIFA) の国際主審として登録される。また、2014年1月13日に国立競技場で行われた第92回全国高等学校サッカー選手権大会決勝では主審を務めた。2015年よりプロフェッショナルレフェリー登録

 

元々山本雄大さんは、自分自身もサッカーを経験されていたようです。それも国体に出場するほどの実力でした。

高校卒業後は、進学せず自衛隊に入隊しますが、のちに脱退。

2007年から審判を目指し、2010年に主審になられています。

山本雄大さんは、これまでは、大きな誤審もなくミスジャッジの少ないと評価の高い審判でした。

やはり誰にでもミスはあるのでしょう。このようなミスをきっかけにまた気を引き締めて質の高いジャッジに努めてほしいですね。

湘南対浦和の誤審に対する世間の反響

 

 

サッカーというスポーツはバスケや野球と違い1点が本当に重い競技です。だからこそ誤審はあってはいけません。人間ですからミスすることもありますが、特に得点に関わるところだけは正確にジャッジする必要があります。

審判によって判断が異なりそうなシーンならともかく今回の誤審はいただけませんね。

サッカーの1試合1試合に魂をかけている選手とサポーターをないがしろにしてしまいます。

それに、サッカーの主審は選手の異議を一切受け入れない傾向にありますが、それは改めた方がいいですよ。

今回のケースに限らず、誤審であった場合にで異議を受け入れないのは自分が損をします。

 

以上、『湘南対浦和、誤審の審判は誰?名前や経歴がヤバい!【動画/顔画像あり】』の記事を紹介させていただきました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。