クレンズキャンプ

クレンズキャンプに副作用はある?妊娠中や授乳中にも飲んで大丈夫?

クレンズキャンプに副作用はある?妊娠中や授乳中にも飲んで大丈夫?

クレンズキャンプを飲むときに気になるのは、なんといっても副作用があるのか?

ということではないでしょうか。

例えば、妊娠中や授乳中にクレンズキャンプを飲むことはできるのか?なんていうのは大切なことですよね。

ダイエットするためとはいえ、不健康になってしまっては元も子もありません。

早速クレンズキャンプの副作用についてみていきましょう!

クレンズキャンプの副作用はある?

クレンズキャンプはあくまで食品なので、医薬品など異なり副作用が生じる成分が含んでいけない規定があります。

なので結論からお伝えすると、クレンズキャンプには重篤な副作用はありません。

実際に成分をみても問題ありませんでした。

ただし中には、

  • お腹が緩くなる
  • お腹が張る

という可能性があります。

この症状はクレンズキャンプに含まれるグルコマンナンと難消化性デキストリンという成分が原因なんです。

グルコマンナンは満腹感を得やすくするための成分で、おなかの中で水分を吸収する性質があります。

これにより人によってはお腹が張っていると感じてしまう可能性があります。

 

もうひとつの成分である「難消化性デキストリン」は食物繊維の1種です。

基本的に食物繊維は整腸作用があるとされますが、摂り過ぎでお腹が緩くなってしまう可能性があります。しかし難消化性デキストリンが安全な成分であることが米国FDA(食品医薬品局)が証明しているので、どちらも摂り過ぎなければ問題ないです!

クレンズキャンプの容量を守って飲みましょう!!

クレンズキャンプは妊娠中や授乳中に飲んでも大丈夫?

クレンズキャンプは妊娠中の方や授乳中の方は飲みのを控えましょう!

ビタミンAが含まれており、妊娠中(妊娠初期も含む)に大量に体に摂取してしまうと子供の先天異常の危険性が高まると言われているからです。

それに、子供が体内にいる状態や育児の最中にダイエットする必要なんてないと思います!子供を一番大切に健康でいてあげてください♪

もしそれでも授乳中の場合で飲みたい場合は、かかりつけ医に相談することを推奨します!

クレンズキャンプのアレルギー体質でも飲んで大丈夫?

アレルギー体質の方は自分のアレルギーに当てはまるものがないか?成分をチェックしましょう!

以下のような方は注意が必要です!

  • 牛乳アレルギーで乳糖に反応してしまう
  • 小麦アレルギー
  • ナッツアレルギー
  • 大豆アレルギー
  • オレンジ・キウイフルーツ・リンゴ・ももアレルギー

上記のアレルギー体質をお持ちの方はクレンズキャンプは控えた方がようです。

購入前に再度成分表を確認しましょうね♪

クレンズキャンプの副作用・妊娠中・授乳中まとめ

クレンズキャンプは副作用はないということが分かりましたね!

ただ、妊娠中や授乳中は控えるべきということと、アレルギー体質の方は成分をチェックしたうえで、使うようにしましょう。

⇒安全なクレンズキャンプを1日166円で試してみる