モデル

長谷川潤の離婚理由がヤバい!旦那が原因で子供にも被害が!?画像有!

長谷川潤の離婚理由がヤバい!旦那が原因で子供にも被害が!?画像有!モデルの長谷川潤が旦那と離婚して話題!幸せな家庭を築いてたんじゃ!?原因や離婚理由は何!?一切報道されていない隠された離婚理由の真相がヤバイ!?原因は旦那なの?子供にも被害が?長谷川潤の離婚理由を徹底調査!

長谷川潤 離婚報道

2011年にハワイ在住の台湾系アメリカ人と結婚され、2人の子供にも恵まれていた長谷川潤さんですが、2019年5月に突如離婚したことを明かしました。

インスタグラムでは幸せな写真を投稿されていたので、衝撃的なニュースとして話題になっています。

▼FAXで送られてきた長谷川潤さんからのコメント全文▼

この度私 長谷川潤は結婚生活にピリオドをうちました
この8年間は幸せな事もたくさんありましたし、何より2人の子供を授かったことに感謝の気持ちしかありません
時間をかけ話し合い、夫婦という形は解消することになりましたが、子供たちには今後も変わりなく父親と母親として協力し合いながら、たくさんの愛を持って暮らしていきたいと思います
私たちのこれからの未来を温かく見守っていただけますよう、皆様どうぞよろしくお願いいたします。

長谷川潤

この文面からもわかる通り、離婚理由には一切書かれていませんでした。

ただ、アメリカ人の考え方でもあるように、子供に両親の離婚は関係ないという考えからでしょうか、今後も協力し合いながら生活していくというコメントが記載されていますね。

特段子供の親権については書かれていませんでした。

しかし、こうなると長谷川潤さんの離婚理由が気になるところです。

そこで今回長谷川潤さんの離婚理由や原因を調べてみました!

長谷川潤の離婚理由/原因は旦那?

長谷川潤さんの離婚理由を調べてみると、

どうやら、長谷川潤さんと旦那さんは毎日のように夫婦喧嘩されていたそうです。

なんでもハワイにある長谷川家の近隣潤民からは夫婦げんかをしょっちゅう聞いていたとのこと。

近所に聞こえる喧嘩ですので、相当激しい喧嘩が想像できますが、実際のところかなり激しかったそうです。

2人の子供が泣き出してしまうほどだったとか。

さらに喧嘩の要因を調べていくと、時間の使い方が発端だそうです。

長谷川潤さんは日本でモデルの仕事もされていたので、ハワイと日本の往復フライトの時間がとても長かったようです。

日本で仕事があるたびに旦那さんであるデービッドさんが面倒をみていたようです。

日本での仕事が1つだけとは限りませんから、それこそ1日や2日というレベルではなく数日間留守にするケースも多々あったんでしょうね。

長谷川潤さんと旦那さんには2人の子供がいたので、長谷川潤さんは、母親、妻、モデル、タレントといったすべての仕事を網羅しようとされたわけです。

あまりの多忙さにストレスもためられていたでしょうし、旦那さんはもっと不満に思っていたかもしれませんよね。

そういった自分のやりたいことと現実が違っていたというのが離婚理由なのではないでしょうか?

 

今回長谷川潤さんがFAXでコメントされて、離婚理由が一切書いていないのは、何らか自分に非があると思っているからなのかもしれませんね。

 

長谷川潤の旦那はどんな人?

長谷川潤の離婚理由がヤバい!旦那が原因で子供にも被害が!?画像有!

長谷川潤さんの結婚相手は10歳ほど年上の台湾系アメリカ人のデービッド。

ガタイが大きく頼りがいがあり、笑顔も素敵で穏やかな感じの優しい人に見えます。

長谷川潤さんの旦那のデービッドさんは、ハワイで靴屋「KICKS・HOUSE(キックス・ハウス)」を経営しているそうですよ。

離婚理由となる要因となる浮気や不倫がデービッドさんにあったかは調べましたが分かりませんでした。

長谷川潤の離婚で子供にも被害が!?

長谷川潤さんが結婚しているとき、インスタグラムにはとても幸せな写真が沢山掲載されていました。

それこそ子供たちとの写真もたくさん。

長谷川潤の離婚理由がヤバい!旦那が原因で子供にも被害が!?画像有!長谷川潤の離婚理由がヤバい!旦那が原因で子供にも被害が!?画像有!長谷川潤の離婚理由がヤバい!旦那が原因で子供にも被害が!?画像有!

とっても幸せそうですね。

どちらが親権をもったかはわかりませんが、この子供たちふたりの笑顔は守ってあげてほしいものです。

長谷川潤の離婚まとめ

いかがでしたでしょうか?

長谷川潤さんは、仕事も家庭も両立しながら幸せな人生を歩んでほしいですし、旦那さんや子供2人にとっても、今回の離婚が最善の解決方法だったことを祈ります。

以上、『長谷川潤の離婚理由がヤバい!旦那が原因で子供にも被害が!?画像有!』の記事を紹介させていただきました!

最後までお読みいただきありがとうございました。