話題のTV情報・NEWS

安田記念2019|武豊処分原因のパトロールビデオ動画!ダノンプレミアム怪我はデマ?

安田記念2019|武豊処分原因のパトロールビデオ動画!ダノムプレミアム骨折はデマ?2019年6月2日に開催された競馬安田記念!武豊騎乗のロジクライがスタート直後に他の馬の進路妨害で武豊処分?原因となった進路妨害パトロール動画!ダノンプレミアムが怪我で故障?

安田記念 武豊が進路妨害で処分の報道概要

 2日に東京競馬場で行われた安田記念(GI)は、スタート直後に16番ロジクライが内側に斜行したため、15番ダノンプレミアム、14番アーモンドアイ、13番ペルシアンナイト、12番ロードクエストの進路が狭くなる事象があった。

この件は、ロジクライが内側に逃避したことが主因であると認められ、同馬は6月24日以降の発走調教再審査に。騎乗していた武豊騎手は6月8日(土)の騎乗停止となった。

武豊選手が騎乗していたロジクライが進路妨害したとはいえ、武豊選手自身は内側に行くのは避けようとしていたようです。

4馬の進路が狭くなったのが話題になったのはもちろん、その馬たちが1番人気のアーモンドアイ、2番人気のダノンプレミアムだったことで大きな話題となりました。

最終的な順位は1位はインディチャンプとなっており、アーモンドアイは3着、ダノンプレミアムは最下位の16位となりました。また、ダノンプレミアムが大きく失速したことで怪我か故障かと話題になっています。

武豊選手が騎乗していたロジクライは9着となっていると同時に、1日の騎乗停止処分を受けました。

安田記念 武豊が進路妨害パトロールビデオ動画

問題となった武豊選手の進路妨害のパトロールビデオがこちらです。

たしかに、武豊選手が騎乗するロジクライが大きく内側に寄っていっているのが見えますね。

とはいっても、武豊選手はやはり反対側に行こうとしています。

実際武豊選手のコメントも

「一歩目は真っ直ぐ出たが、外に物見をして内に寄ってしまい、3、4頭に迷惑をかけた」と言っています。

安田記念 武豊進路妨害でダノンプレミアムが怪我で故障はデマ?

優勝候補でもあったダノンプレミアムが進路妨害後に失速し、最下位でゴール。しかもゴール後に下馬したことで、怪我で故障ではないかと話題になっています。

 

 

このように多くの人がダノンプレミアムの予後を心配しています。

そんなときヴィエドゴニャというアカウント名の人がツイートをして炎上しています。

 

実際のダノンプレミアムの予後については明日以降の発表になるそうです。

ダノンプレミアムが大きな怪我でなく故障でなく何事もないことを祈ります。