あらすじ&ネタバレ感想系

食戟のソーマネタバレ最終回315話最新話考察!続編決定!

食戟のソーマネタバレ最終回315話最新話&画バレ確定版!続編決定!

食戟のソーマネタバレ最終回315話最新話&画バレ確定版!えりなの意地!食戟のソーマがついに最終回を迎えます!前回の314話ではえりなを重圧から救うために創真が出した料理は…エッグベネディクト!えりなと真凪を見せる食べた表情は?結末とは!?食戟のソーマネタバレ最終回結末&315話最新話&画バレ確定版を紹介!

食戟のソーマネタバレ314話あらすじ

食戟のソーマは、「神の舌」を持つものを救うための物語でした。

真凪を救うための薊の計画に加え、えりなを救うための仙左衛門の「玉の世代計画」が前回314話で明らかになりました。

10年前、神の舌を持つ者の苦悩を救いたいと考えた仙左衛門は、才能あふれる若き人材を世界中から集め、えりなと競わせようとしていたのです。

また、十席の座を争った葉山アキラ、黒木場リョウ、アルディーニ兄弟、そのほかの多くの同世代のメンバーをスカウトし、まさに珠玉の人材を遠月学園に集めました。

そのひとりが創真でした。

 

『料理に希望はある』

 

娘や孫にそれを伝えるためだけに、10年かかけた仙左衛門は行動していたのです。

 

そして今、その世代の中の綺羅星のである創真が紙の舌を持ち重圧に押しつぶされようとしているえりなを料理で救おうとしています。

 

『目を覚まさせてやるよ、この一皿はお前のために創る』

 

そして

『お待ち遠』

創真が出したえりなへの料理は、ふたりが出会ったときに初めて創真がえりなが振舞った料理と同じ、鶏卵の天ぷら丼でした。

当時のえりなは創真の作った料理を認めませんでした。そのことを覚えていた創真は密かに改良を加え、アイデアを練り続けていたのです。

名付けて

『女王のためのエッグベネディクト丼』

それを一口食べたえりなは…

 

ここまでが314話のネタバレになります。

次回の315話は食戟のソーマの最終回。

食戟のソーマネタバレ最終回315話最新話考察:えりなと創真

ここまでの展開から、他の料理と違うところは一つ。

今回のエッグベネディクト丼は創真が『えりなのために考え作った料理であること。』

 

えりなに欠けているのは、「誰のために料理を作っているのか」ということ。ひとりのためだけに追求した料理はこれまでにない美味しさでした。

今えりなは、重圧に耐えかねて料理の根本の目的を忘れてしまっていました。そして創真の料理を食べて思い出します。

もともとえりなはお母さんに「えりなの料理が食べたい」と言って欲しかっただけだと。

 

一方真凪も、神の舌に委縮しない料理を作り出す創真の力を認めます。

 

そして、その料理を食べたえりなは今までにないおさずけを発動します!

 

自分に料理の根源を思い出させてくれた創真。

そんな創真に送ったえりなの言葉は『まずい!』の一言。

 

自分の出す料理に比べたらまずい。創真に負けられないという出会った頃の想いを思い出し、自分が創真と競い合うことを宣言します。

やる気を取り戻したえりなは創真に感謝します。

ひとりのためだけに努力し研鑽することが地球上になかった皿へ続く道だと思います。

 

創真は改めて思う。

えりなと出会ったおかげでこの料理が出せた。

創真もまたえりなに感謝し、ふたりでこれからも切磋琢磨しあうことを誓うのでした。

食戟のソーマネタバレ最終回315話最新話:続編決定…!?

そしてなんと、ジャンプGIGAで続編の3週連続掲載が決定!

タイトル名は『食戟のソーマ~Le dessert(ル・デセール)~』

続編では、本編の正統派続編となります。

創真たちの未来も描かれるとのことで、玉の世代がどう成長しているの楽しみですね!

食戟のソーマの最新刊を今すぐ無料で読む

ここまで食戟のソーマの最新話946話を紹介してきましたが、漫画は絵つきで読むのがオススメです!

現在U-NEXTでは最新話は配信していませんが、食戟のソーマ最新刊が配信中です!

しかもU-NEXTは31日間無料トライアル期間があるため、お金がかからず無料で読めちゃいます♪

食戟のソーマは見放題作品ではなくポイントレンタル作品ですが、無料登録時に600ポイント無料でもらえるので、1巻分はタダで読めるんですよ!

食戟のソーマの最新刊を今すぐ無料で読みたい方はぜひU-NEXTで読んでみてください♪

⇒無料で食戟のソーマ最新刊をU-NEXTで読む