あらすじ&ネタバレ感想系

鬼滅の刃166話ネタバレ最新話考察確定版&画バレは?黒死牟の正体が判明!?

鬼滅の刃166話ネタバレ最新話考察確定版&画バレは?黒死牟の正体が判明!?

鬼滅の刃166話ネタバレ最新話考察確定版&画バレは?黒死牟の正体が判明!?前回165話【愕然と戦慄く(わななく)】では、霞柱時透無一郎vs黒死牟戦が描かれ、黒死牟が時透無一郎の祖先だと判明!黒死牟は耳飾りの剣士なのか?鬼滅の刃166話ネタバレ最新話確定版&考察&感想を紹介!

▼166話のネタバレと167話考察はコチラ▼

あわせて読みたい
鬼滅の刃167話ネタバレ最新話確定版考察&画バレは?風柱が痣発現で激戦!?
鬼滅の刃167話ネタバレ最新話確定版考察&画バレは?風柱が痣発現で激戦!?鬼滅の刃167話ネタバレ最新話確定版考察&画バレは?風柱が痣発現で激戦!?前回166話【本心】では、「不死川兄弟の絆」と「風柱実弥VS黒...

鬼滅の刃166話最新話のネタバレ考察:黒死牟の正体が!?

「懐かしい気配」と語った黒死牟の目に移る時透無一郎の姿は、炭治郎が会得しつつある透き通る世界における視野でした。

呼吸の境地にある黒死牟に対する無一郎は、今まで出会ってきた鬼との威厳の違いに、怖気が止まりません。

自分と同じ剣士であることを認識するも、その次元の違いから自らの身体が黒死牟と戦うことを拒否していることを理解します。

 

そんな無一郎に対し、最強の鬼である上弦壱黒死牟が語りかけます。

「お前の名は何という」

無一郎が「時透」という名を答えると、黒死牟は「継国(つぎくに)の名は途絶えたのだな」と語ります。

続けて、自分の人間時代の名が継国巌勝(つぎくに みちかつ)であったということと、時透無一郎が自分の子孫であると告げます。

無一郎は、黒死牟が自分の先祖であることと、始まりの呼吸の剣士であるといわれたことに動揺しますが、強い精神力で冷静さを取り戻します。

一方黒死牟は、若くして、無一郎の強い胆力と練り上げられた剣技に感嘆し、やはり自分の細胞が残っていたのだと語ります。

鬼滅の刃166話最新話のネタバレ考察:無一郎敗北で鬼に!?

無一郎は、末裔だから強いと言いたげな黒死牟に対し「末裔であったとしても俺の中にはひとかけらも残っていない」と強く語り、霞の呼吸で攻撃を仕掛けます。

黒死牟は、霞の呼吸の剣士に過去合っていたような口ぶりで語りますが、無一郎の型は見たことがないといいます。

その素晴らしい流麗な型は無一郎の編み出した技だということに、剣士の礼儀を感じた黒死牟は「抜かねば無作法というもの」とつぶやき、剣を抜きます

『月の呼吸 壱の型 闇月・宵の宮(よいのみや)』

黒死牟の異次元の速さの居合斬りに、無一郎は左腕を失います。

無一郎は、見たこともない月の呼吸という言葉と、鬼になってからも呼吸が使えるという事実に衝撃を受けますが、冷静に失った左腕の止血を行います。

そして、無一郎はさらに霞の呼吸で攻撃をを仕掛けますが、黒死牟は悠々と無一郎の剣をいなし、無一郎の刀で無一郎の肩を刺し、柱にくし刺しにします。

左腕を失い、右腕も柱に固定された無一郎。

黒死牟は抵抗できない無一郎に対し

『我が末裔よ あの方にお前を鬼として使って戴こう』と告げます。

鬼滅の刃166話最新話のネタバレ考察:今後の展開を予想

ここまでが、165話のあらすじネタバレになります。

今まで謎だった黒死牟の一部が垣間見えましたね。

始まりの呼吸の剣士が鬼になったのではないかと言うことは作中の描写で予想されていましたが、165話をもって、無一郎の子孫が黒死牟だと判明。

そして、扱う呼吸は日の呼吸ではなく月の呼吸でした。

残る謎は、

  • 住吉と会話していた耳飾りの剣士と黒死牟は同一人物なのか?
  • 月の呼吸とは、黒死牟が人間の頃から使っていた呼吸なのか?それとも日の呼吸の剣士が鬼になったことで月の呼吸に変化したものなのか?

ということです。

始まりの呼吸の剣士は、複数いたということは確定しているため、黒死牟と耳飾りの剣士が同一人物でない可能性は残っていますね。

いずれにしても、黒死牟が人間から鬼になったのは、自らの望んだことなのか?それとも望んでいないことなのか?という点も今後もみどころです。

ただ、黒死牟は童磨同様に人間の頃の記憶を覚えているようなので、『自ら望んで鬼になった』可能性が高そうです。

黒死牟の登場する際の描写は毎回、無惨への絶対的忠誠心が描かれているので鬼となったときの人間時代の描写では、その点も深く描かれそうです。

 

黒死牟の強さは炭治郎の『透き通る世界』を完全にマスターしている状態の力量といって過言ではないでしょう。

常に、相手に自分の闘気を悟らせず、相手の動きがまるでスローモーションに見える状態を維持しています。

事実、無一郎の攻撃は掠る気配すらなく、自身の一振りで無一郎の片腕をもっていきました。

無一郎がまるで別の世界にいるような感覚に陥っているのはこのためだと思います。

 

既に無一郎は戦闘不能に近い状態になっており、ひとりでは太刀打ちできそうにありません。

現時点で助っ人として考えられるのは

  • 岩柱の悲鳴嶼行冥
  • 風柱の不死川実見
  • 水柱の冨岡義勇
  • 炭治郎

の4名です。

 

最強の柱である悲鳴嶼は、無一郎と近くにいることは間違いないので、悲鳴嶼が助っ人に来る可能性は高そうですが、珠世も限界に近付いており悲鳴嶼が無惨のところに向かった可能性も少なくありません。

 

とはいえ、痣を発言している無一郎より弱いと想定できる風柱の不死川が来たとしても戦況が好転するとはとても思えません。

敵としては上弦伍がまだ潜んでいる可能性があり不死川は上弦伍vs不死川兄弟で描かれる可能性もありそうです。

ただ、無惨はねづこを狙っているため、元音柱宇随・元炎柱煉獄父・元水柱鱗滝の3名が守る屋敷に上弦伍が急襲してくる可能性も十分に考えられます。

だとすれば、風柱が浮き駒になってしまうため、今回無一郎の助っ人として登場する可能性もありそうです。

不死川兄弟については兄と弟の因縁もどこかで描かれるはずですので、共闘という形での戦闘となるのではないでしょうか。

 

また、義勇&炭治郎は負傷しており、特に義勇については日輪刀が折れているため、大きな戦力とはなりかねます。

とはいえ、炭治郎の『透き通る世界』もしくは悲鳴嶼しか黒死牟に対抗できそうにない現状において、どちらかが無一郎の助っ人として登場しそうです。

 

もしくは、無一郎は、黒死牟に無惨のところに連れていかれ、無一郎が鬼になってしまうというパターンもあり得ます。

珠世は鬼を人間に戻す薬を開発していますから、無一郎を救うために戦うという構図も考えられますね。

 

次回の展開次第ですが、まだ無一郎戦が描かれるとしたら、個人的には悲鳴嶼が助っ人に誕生して、最強vs最強が描かれるんじゃないかと思います。

▼166話のネタバレと167話考察はコチラ▼

あわせて読みたい
鬼滅の刃167話ネタバレ最新話確定版考察&画バレは?風柱が痣発現で激戦!?
鬼滅の刃167話ネタバレ最新話確定版考察&画バレは?風柱が痣発現で激戦!?鬼滅の刃167話ネタバレ最新話確定版考察&画バレは?風柱が痣発現で激戦!?前回166話【本心】では、「不死川兄弟の絆」と「風柱実弥VS黒...

鬼滅の刃の最新刊を今すぐ無料で読む

ここまで鬼滅の刃の最新話166話を紹介してきましたが、漫画は絵つきで読むのがオススメです!

本当は画バレをして、鬼滅の刃の魅力を伝えたいのですが…残念ながら著作権の関係で掲載はできません!

現在U-NEXTでは最新話は配信していませんが、鬼滅の刃最新刊が配信中です!

しかもU-NEXTは31日間無料トライアル期間があるため、お金がかからず無料で読めちゃいます♪

鬼滅の刃は見放題作品ではなくポイントレンタル作品ですが、無料登録時に600ポイント無料でもらえるので、1巻分はタダで読めるんですよ!

鬼滅の刃を今すぐ無料で読みたい方はぜひU-NEXTで読んでみてください♪

 

⇒無料で鬼滅の刃の最新刊をU-NEXTで読む